ブライズメイドとは?

最近、日本の結婚式でも、おそろいのドレスや髪飾りなどをつけた女性たちが、花嫁の近くで華を添えている姿を見かけることがありませんか?
それは、ブライズメイドと呼ばれ、アメリカやヨーロッパの結婚式では一般的にみられる演出です。

ブライズメイドとは、花嫁の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのことを指します。

 

o0400026713709792609

 

主に花嫁の友達、姉妹、親族で、未婚の女性が務めることが多いようです。

ブライズメイドは白以外のお揃いのドレスを着てブーケ持ち、花嫁に華を添え引き立て、結婚式を盛り上げるための大切な役目です。

バージンロードで花嫁に先立って入場し、花嫁の移動などのお手伝いをするアテンドの役割も担います。

 

ブライズメイドの起源は、中世のヨーロッパにさかのぼります。
花嫁の幸せをねたむ悪魔から花嫁を守るために、未婚の姉妹や友人たちが花嫁と同じような衣装を着て付き添い、悪魔の眼を惑わした風習が由来とされています。

 

先日、グレートファンウエディングでブライズメイドの演出を行いました♪

その様子を掲載します(^0^)

 

o1280096013709792812

グレートファンウエディングではブライズメイドウエディングもご提案させて頂けます☆

 

line
  • お問い合わせ
line
scroll-to-top