ドレスを持ち込むときに気を付けたい事

結婚式で「ウエディングドレス」は花嫁さんにとって大切なお召し物になりますので、
どんなデザインがいいか、何着使用するか、挙式や披露宴に合ったドレスかなど
選ぶときのポイントは様々です。

 

結婚式会場でお気に入りのドレスが無かったり、

他のレンタルドレスショップにお気に入りのドレスがあるのでそれをレンタルしたい、

新しく制作したウエディングドレスを着たいなど、
結婚式の会場のドレスを他から持ち込む時に気を付けたいことをご紹介します。

 

 

◇持ち込み料金がかかる
結婚式会場にとってもウエディングドレスのレンタルは

自社でしてもらいたいものです。
なので、「持ち込み料金」がかかることが多いです。

なぜ掛かるのかといいますと、自社のウエディングドレスではないので、

取り扱いに細心の注意を払う必要があります。

他には持ち込みドレスの保管料金などの名目でかかります。

 

◇持ち込み料金の金額
持ち込み料金は1着大体5万から10万円位の持ち込み料金がかかります。
これは高い理由はそれぞれの結婚式場には提携している

レンタルドレスの会社があったりする為です。

この様にウエディングドレスに『持ち込み料金』がかかる会場が多いので、

契約前の打ち合わせの段階で、ウエディングプランナーに確認したり、

相談することをオススメします。

 

お気に入りのウエディングドレスを着て結婚式を挙げるためにも、

事前のご相談は重要です。

 

line
  • お問い合わせ
line
scroll-to-top