6月の花嫁って何?ジューンブライドのあれこれ

結婚式は「6月=JUNE」が昔から良いと言われていますが、

どうしてそういわれる様になったのか、由来はみなさんご存知でしょうか?

ジューンブライド、訳せば6月の花嫁という意味なのですが、

3つ説があると言われています。

1.JUNO 女神説
6月の月名は「JUNE」と言います。この月の名前の由来がローマ神話に登場する
結婚を司る女神の「JUNO」に由来しております。ということは、6月は「結婚」や
「女性の権利の守護神の月」ということで、6月に結婚をすると花嫁は幸せに
なるとされています。

2.気候説
ヨーロッパは6月は1年の中で一番雨の日が少ない月ということで、ガーデニングでの
ウエディングなどが人気なヨーロッパの気候が適していると言われています。
復活祭が行われる月でもあるので、ヨーロッパ中がお祝いムード一色なので、
6月に結婚する花嫁は幸せになるだろうという言い伝えです。

3.6月は暇になる時期説
ヨーロッパでは3月から5月の3か月間は農作業の妨げになるので結婚が禁じられて
いたことがありました。

その為結婚が解禁になる6月に結婚するカップルが多かった為、
6月の花嫁は幸せになれるだろうといわれている説があります。

 

こんな素敵な月に結婚式を挙げるのもオススメです♡

line
  • お問い合わせ
line
scroll-to-top