フランス発のウェディングケーキ、クロカンブッシュって知ってる?

結婚式のウエディングケーキは、カップルの個性が出る演出になります。

現在では様々なウエディングケーキを使用されることが多いので、お呼ばれする

友人や知り合いの結婚式でも毎回楽しみにしています。

 

そんな中で今回は「フランス発」のウエディングケーキをご紹介したいと思います。

 

■フランス発のウエディングケーキとは?

フランス発のウエディングケーキと言えば「クロカンブッシュ」です!

名前は知らなくても、見たことはあるという方もいらっしゃると思います。

 

ちいさなシュークリームを円柱状に積み上げてつくる
ウエディングケーキの事を、
「クロカンブッシュ」と呼んでいます。

 

 

 

■クロカンブッシュケーキ

クロカンブッシュの意味は「クロカン=カリカリするもの」という意味で、
シュークリームに
かけられた飴のカリカリ感からその名前が付けられています。

 

「小さいシュークリーム」は「キャベツ」を意味していて、
子孫繁栄の願いと豊かな
収穫をお願いするウエディングケーキです。

 

通常のウエディングケーキは、ナイフでケーキカットをしますが、
クロカンブッシュ
のウエディングケーキは二人で
木槌でクロカンブッシュを割りながら参列者に
分けて配るのが習わしです。

 

「小さいシュークリーム」が祝福してくれる人を表すとも言われているので、
クロカンブッシュは
出来るだけ高く作るのが一般的です。

line
  • お問い合わせ
line
scroll-to-top