結納金の相場はいくらぐらい?

o0640048013506695939

 

「さて、結納をしよう!」となっても、
実際に用意をしなくてはいけないものについては
わからないことだらけだと思います。『結納金』もそのうちの一つ。
結納金とは、『結納』の儀式の際に、男性側から女性側に渡されるお金のこと。
男性が婿入をする場合には、女性側から男性側に渡されます。
では実際に、みんなはどれくらいの金額の結納金を用意してるのでしょうか。
金額に決まりはありませんが、相場としては100万円を用意する人が一番多く、
結納をした人の約半分にもおよびます。
続いて50万~100万円が約25%、150万円以上用意した人は全体の約10%です。
金額は100万や200万というキリのいい数字や50万、
70万といった奇数で用意するのが一般的ですが、
80万円も8が『末広がりで演技がいい』とされています。
この『結納金』は『嫁ぐ際の支度金』という意味合いが強く、
女性側に尋ねたり女性側が意見をしたりするのは失礼にあたります。
中には、この『嫁ぐ』という感覚に違和感があり、
結納を行わないというケースもあります。
結納を行う際には、男性側が家や本人の実力や地域柄に合わせて
結納金の金額を決定しましょう。
福岡天神にある結婚式場「グレートファンウェディング」
予算やルールにとらわれない、アイデアいっぱいのウエディング
 お二人らしく!楽しく!フリースタイルなウエディングをご案内!
福岡県福岡市中央区天神4-3-20 ノース天神8階
電話:092-717-6606
ホームページ
Facebook
みんなのウエディング

 

line
  • お問い合わせ
line
scroll-to-top