結納品って何を用意すればいい?

o0640043313508488899

 

結納を行う際に、結納金と共に用意しなければならないのが『結納品』です。
それでは、結納品として一体何を用意すればいいのでしょうか。
結納品には、夫婦円満や子宝に恵まれること、
長寿を願う意味合いを込めた縁起物を用意します。
一般的なものとしては、『幾久しく幸せな家庭を築くように』との願いを込められた
『スルメ』、逞しい男性の象徴である『鰹節』、
子孫繁栄の願いが込められた『昆布』などが用意されます。
また、『共に白髪になるまで夫婦仲睦まじくいられますように』という
願いが込められた『高砂』という人形や白い麻糸の束である『共白髪』、
『一家が末永く栄えますように』という願いが込められた、
一対になった純白の扇子である『寿恵廣(すえひろ)』、
婚約指輪におめでたい字を当てた『結美和』なども用意されます。
他にも、結納金とは別に『松魚料(しょうぎょりょう)』という食事代や
『家内喜多留(やなぎだる)』という酒代も必要です。
結納品は地域によって異なるので、結納を行う前には必ず確認しておきましょう。
ホテルで用意されているものや、市販の『結納パック』を利用する人も増えています。
結納品に込められた一つ一つの意味合いを知り、
厳粛な気持ちで結納の日を迎えましょう。

 

福岡天神にある結婚式場「グレートファンウェディング」
予算やルールにとらわれない、アイデアいっぱいのウエディング
 お二人らしく!楽しく!フリースタイルなウエディングをご案内!
福岡県福岡市中央区天神4-3-20 ノース天神8階
電話:092-717-6606
Facebook
みんなのウエディング
ホームページ

 

line
  • お問い合わせ
line
scroll-to-top