結納をしてはいけない日時ってある?目安の時期はいつ頃?

o0640048013469896634

 

結納を行うことになったら、次の決めなくてはいけないのがその日時です。
一般的には挙式の3ヶ月~6ヶ月前に行うことが多いですが、
挙式直前は準備に忙しくなります。
また、結納の席は両家の挙式対する意向を話し合えるいい機会でもあるので、
半年ほど前を目安に行うようにしましょう。
結納を行う日時は、従来はカレンダーを見て六輝(ろっき)
を参考にして決めていました。
六輝、または六曜(ろくよう)とは、暦に記載されるその日の運勢などのことで、
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種があります。

普段はあまり気にすることはありませんが、結納だけでなく入籍や挙式、
またはお葬式などの冠婚葬祭には確認する人も多く、
その中でも結納は大安や先勝の午前中に行うのが縁起が良いとされていました。

しかし最近は結婚式と同様、六輝はあまり気にせず、
両親や仲人をたてる場合は仲人の希望を考慮して、
2人の都合で決める場合が多いようです。

それでも仏滅は避けたほうが無難。
さらに両親や仲人が六輝を気にする人の場合は、
先勝の午後・先負の午前・友引の正午・赤口の正午以外は避けるようにしましょう。

福岡天神にある結婚式場「グレートファンウェディング」
予算やルールにとらわれない、アイデアいっぱいのウエディング
 お二人らしく!楽しく!フリースタイルなウエディングをご案内!
福岡県福岡市中央区天神4-3-20 ノース天神8階
電話:092-717-6606
ホームページ
Facebook
みんなのウエディング
line
  • お問い合わせ
line
scroll-to-top