ゲストへのお礼は必要?ゲストへのお礼とタイミングよく渡すための3つのポイント

o0640063813499548887

 

結婚式では多くのゲストにお世話になることになります。
お世話になるゲストにはお礼は必要なのでしょうか。
またお礼を渡す場合、そのタイミングは?
ゲストへのお礼とタイミングよく渡すための3つのポイントをご紹介します!
1.何かをお願いした人にはお礼が必要!
スピーチや受付、余興など何かをお願いした人にはお礼が必要です。
その場合、頼んだ人が友人なのか上司なのかによってお礼の仕方は異なります。
お願いしたのが友人の場合は金額は3~5千円程度。
受付の場合は現金、余興やスピーチの場合は品物を贈ることが多いようです。
スピーチや乾杯をお願いした人が上司など目上の人の場合は、
1~5万円現金で包むようにしましょう。
2.お礼は当日に両親から渡してもらう
現金でお礼をする場合、当日忙しい新郎新婦に代わって、
受付後に頼んだ側の両親から渡してもらいましょう。
友人に品物でお渡しする場合は後日でも構いません。
中々会うことのできない友人の場合は、
一言メッセージを添えて引き出物の数を一つ増やしておいても構いません。
3.式の後には自分自身でお礼を
当日お礼を両親に渡してもらう場合でも、
可能なら当日と挙式後にも自分自身でお礼を言うようにしましょう。
いかがでしたでしょうか。
結婚式が近くなるとバタバタし、ついつい自分のことばかりになりがちですが、
結婚式はゲストのおかげで成り立っています。
感謝の気持ちを忘れずに伝えるようにしましょう。
福岡天神にある結婚式場「グレートファンウェディング」
予算やルールにとらわれない、アイデアいっぱいのウエディング
 お二人らしく!楽しく!フリースタイルなウエディングをご案内!
福岡県福岡市中央区天神4-3-20 ノース天神8階
電話:092-717-6606
Facebook
みんなのウエディング
ホームページ
line
  • お問い合わせ
line
scroll-to-top